発達障がいに寄り添うピアノ教室です。

口田とも・みゅーじっく音楽教室

講師の紹介

口田とも・みゅーじっくの先生プロフィール

なまえ:宮田 智美(みやた ともみ)
ピアノ講師 写真
エリザベト音楽大学 音楽学部 器楽学科ピアノコース 卒業(2年次にはザビエル奨学生という特待生になりました。卒業時には、卒業演奏会に出演しました)

現在 大阪芸術大学短期大学部 保育学科 3年次生(通信課程で保育の勉強をしています)

音楽大学を卒業後、ヤマハ音楽教育システムで、幼児科・ジュニア科・ジュニア専門コース・児童科などのグループレッスンと、ピアノ個人レッスンを担当していました。傍らで、学生時代に始めたピアノ教室を地道にあたため、現在の口田とも・みゅーじっく音楽教室になりました。口田でピアノを教え始めて22年が経ちました。

また、子どもの発達についての勉強をしたくて短大の保育科で勉強を始めました。また、学校へ行けない子どもたちの心の闇をピアノで解放するのが私のもう一つのライフワークなので、不登校支援カウンセラーの資格を取っています。現在、ベビーちゃんのマッサージ、チャイルドアートセラピーなども専修学校で週末に勉強しています。

コンクール入賞歴など・・・

初めてのコンクールは、小学5年生。カワイ音楽コンクールピアノ部門の地区予選入選です。そして、中学3年生で、同コンクール全国大会Aコースで入選しました。その後、中国地方の、中国ユース音楽コンクールピアノ部門高校生の部で本選出場、奨励賞をいただきました。

音大を卒業後、第1回堺国際ピアノコンクールにて、奨励賞を受賞しました。

決して多いわけではありませんが、これらのコンクールの出場で、たくさんの同志と友達になれました。今は、日本全国にピアノを弾く友達ができました。

趣味・好きなことなど・・・

134726趣味は、かれこれ5年ほど飼っているウーパールーパーの飼育です。ペットショップで見かけるような、5センチくらいのかわいい代物ではございません。若い仔で1才、大きい仔で6才なので、30センチくらいあります。教室にももうじきお目見えしますよ!「キモイ」ことはありません。ぶさかわいいお友達です。ちなみに5匹飼っています。1月の産卵は、生命の神秘でした!!!

ほかに、ペットショップを覗くことも大好きです。家では飼えないような生き物を見るのが楽しいです。ほかには、特技というのかどうかわかりませんが、お店などで流れているBGMのクラシックは、たいていあてることができます。これは、感受性の強い中高生の時期に、たくさんの名曲と出会い、音大でそれらを学んだからです。ちなみに、焼き肉の叙々苑で、ずーっと流れていたピアノ曲は、プロコフィエフとカバレフスキーでした。すべてピアノ曲で、「ごっつい」曲ばかりだったので、耳に、食に、ずっしり来ました・・・このイントロドン的な特技は、ピアノにとどまらず、オーケストラ曲や時に合唱曲にも上ります。

レクイエムを小澤さんの指揮で歌う

ちょっと自慢してもいいですか???

今から10年ほど前に、一つのメールを受け取りました。

「私の代わりだと思って、オーディションを受けてきて!」関東に住むピアノのお友達からのURLつきのメールでした。そのURLには、合唱団の募集が書かれていました。フォーレ作曲 レクイエム:指揮 小澤征爾氏・・・・えー?!広島にいらっしゃることになったのです。

意を決してオーディションでアルトパートを受け、10年前の10月、8000人の観衆を前に、レクイエムを小澤さんの指揮で歌いました。オーケストラも小澤塾のみなさんで、各パートを飾るのは著名なソリストの方ばかりでした。とても貴重な経験、楽しい経験をすることができました。

その舞台は、「平和への祈り」というメッセージが込められたもので、朗読に女優の吉永小百合さん、アナウンスに杉浦圭子さんなど、主催の小澤さん、日野原英明先生をはじめ、たくさんの素晴らしい方と共演できました。これ以降、合唱の仲間も増えました。

公開日:
最終更新日:2015/11/26